営業に関するお知らせ

緊急事態の延長とアルコール提供禁止がまず6/20まで延長され、飲食店の中でも対応が分かれていること、本当に深く悩みました。

経済的なことを考えればもうすぐにでも営業を再開させて頂いて、アルコールもお出ししちゃいます!と言いたいですし、感染防止に協力し、また医療ご関係のことを考えればこのまま自粛するべきだと思います。

* * *

この営業を自粛させて頂いている約1か月半の間、8月に予定されているロンドンでのソムリエ試験に向けての準備をしつつ、Golden Vines ScholarshipsというDiversityのスカラシップ選考に参加していました。

https://liquidicons.com/work/the-taylors-port-golden-vines-diversity-scholarships

日本で生まれ育った私は英語が得意ではないのでもう必死のところなのですが、この経験を通して私は自分が「世界からみた日本」をつくりだしている一員なのだということを深く学びました。あるいは、コンクールで結果を残したいと頑張っているわけですから、勝った人だったらどう振る舞うだろうかと良く考えるようになったとも言えるかもしれません。

そうしますと、今回の政府や東京都の対策やオリンピックに関する出来事、小さなことで言えばじゃあ公園で飲み会しているのはどうなんだ、など、納得いかない点はもちろんたくさんありますが、だからといって「命令ではなく要請だから、飲食一揆だ!」という感じでアルコール提供を再開するのにも疑問を感じてしまいます。もちろん出来る限りの感染防止対策は行っておりますが、例えばファストフード等に良くある1人1人のお席を背の高いアクリル板で区切ようなことは、私どもではお店の雰囲気のために難しいので・・

ですので、6/20にお酒の提供禁止が解かれることを祈って、6/21からお店を再開させて頂きたいと現在は思っています。既に囁かれている6/21以降の延長があり、お酒の提供禁止も延長されるのであれば、ノン・アルコールのみで頑張って営業するのか、あるいは営業自粛を延長せざるを得ないのか、また考えてお知らせさせて頂けましたら幸いです。

長々と書かせて頂きましたのに、最後までお読み頂いてありがとうございました。勝手を申し上げるようですが、またお目にかかれますのを心より楽しみにしておりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 

須藤亜希