【ヨシミチ特製おせち2024】ご予約開始いたしました

大変お待たせ致しました!今年もフレンチ100%の二段重おせちのご予約を開始させて頂きました♪

今年も限定20食です。お早めにお電話で、またはご来店の際にご予約頂けましたら幸いです。詳細はリンク↓をご覧くださいませ・・

下のお写真は去年の年末にせっせとご用意させて頂いている時のものです。何だか1年あっという間ですね・・・

前菜系を中心に盛り合わせました1段です。おせち限定メニュー雲丹のフランや牡蠣の燻製など・・お酒がすすみます♪
こちらはメイン系のお料理を盛り合わせています。ローストビーフやお魚のパイ包み、鮑をドーンとお入れしました!

こちらのお写真は2023年のもので、仕入れの状況などにより多少内容は変更の可能性がありますが、せっかくの「おせち」目一杯お楽しみ頂けますよう頑張ります!

皆さまのご予約心よりお待ちしております。

ヴァン・ド・フランス レストランウィーク(10/1~15)&10月営業のお知らせ

貴重なご縁を頂いて、今年は10/1~15に開催される渋谷フレンチフェスティバル2023 の「ヴァン・ド・フランス レストランウィーク」に参加させて頂きます。

要するに・・毎年恒例の渋谷フレンチフェスティバルというイベントがあるのですが、一部都内のレストランも参加する、という中にヨシミチも参加させて頂けることになりました。私どもは日曜日の定休なので、10/2(月)~14(土)の間、 グラスワインで ヴァン・ド・フランスの白&赤ワインをご提供させて頂きます♪

とってもかわいいポスター・・以前私もワインのイベント運営をしていたことがあるのですが、このクオリティの高さは本当に素晴らしいです♪
グラスワインに合わせたおススメのペアリングメニューもございます(グラスワインと他のお料理とのご注文もOKです)お料理は数に限りがありますので、ぜひご予約お願い致します。

ちなみに・・大変素敵なキャンペーンも開催してくださっています♪グラスワイン1杯お召し上がりごとに1枚、抽選くじをお渡しして・・当たりが出ましたらヴァン・ド・フランスのオリジナルワインバッグがその場で当たります!(※くじがなくなり次第、終了となります)

布製のワインバッグです♪

ヴァン・ド・フランスのワインというのは、フランスを原産国とするワインのことです。例えばブルゴーニュAOCのワインはフランスのブルゴーニュ地方でつくられる葡萄を使って作られるワインで、ものすごく大雑把に言うと「範囲が狭いほど格付け(価格)が高くなる」というのが一般的に知られていることですが、現在では話はそう簡単でもなくなっています。

AOCワインは法律で使用できる葡萄品種や作り方、”こんな風なワインである”ということが決められているので、自由度が低いとも言えます。その点ヴァン・ド・フランスはフランス国内様々な地域の葡萄を使用することができますし、品種の個性を表現したり、自然に寄り添ったワイン造りなど・・自由な発想でつくることができます。

今回ご紹介させて頂くワインは白も赤も、それぞれ品種の個性がきちっと表現されていてお料理を引き立ててくれる美味しいワインです。ぜひご賞味くださいませ♪

**

10月のお休みですが10/1(日), 8(日), 9(祝月), 15(日), 22(日), 29(日)の予定です。また貸切の予定が17(火), 27(金)となっております。

冬に向けて、少しずつ混み合い始めております・・何分小さいお店ですし、材料がなくなり次第閉店させて頂くこともありますので、ぜひ事前のご予約をおススメしております。お気軽にお電話ください♪

9月営業のお知らせ

長い夏休みをありがとうございました。

今日から営業を再開させて頂きます。なお、9月のお休みの予定は9/10(日), 17(日), 18(祝月), 22(金), 23(土), 24(日)となっております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

***

長い夏休みを頂いて、3年に1回開催される全日本ソムリエコンクールに参加させて頂きました。前回大会はコロナ禍だったこともあり手短に開催されるだけであっという間に終わりましたが、今大会は初めて海外選手の招待があったり、レセプションパーティーがあったりと、大きなコンクールらしい盛り沢山な内容でした。

選手は合計28名でした(国内選手は予選を通過しての参加です)。
最前列の真ん中はスペシャルゲスト 世界チャンピオンのレイモンズ(ラトヴィア)です。

結果としては、大変残念なことに準々決勝敗退で終わりました(最終順位は公表されていないのですが、ゆくゆくフィードバックがあるのではと期待しています)。自分的には不本意な結果でした。

振り返ってみて「こうすれば良かった」「あそこがダメだったかな」と色々思うものですが、結果は結果です。しかし、これで終わりな訳ではありません。また次の目標に向けて、初心にかえってきちんと努力を重ねたいと考えています。

***

全日本を終えた翌日からは、エクスカーション(産地などを訪問して見識を広げつつ、最も重要なのはコミュニケーションを深める点でしょうか)に引率係として参加させて頂きました。1泊2日での山梨訪問です。

2日とも美しい晴天でした♪

まずは勝沼醸造さんに訪問させて頂きました

勝沼醸造さんと言えばやはり甲州、しかもグリ系品種(果皮が↓のお写真のようにピンク色になります)らしさを生かしたスタイルで、文字通り日本のトップに君臨する造り手です。

有難くトップキュヴェたちを比較テイスティングさせて頂きました

次は駆け足でマンズワインさんへ。マンズワインさんと言えば雨の多い日本でより良い葡萄栽培のための「レインカット法」(葡萄をカバーして雨から避ける)を生み出した造り手です。

美しい甲州(葡萄品種)の畑。白ワイン用の品種は通常黄色(薄緑色)なので、外観から既に個性が感じられます。
収穫したマスカット・ベリーA。粒が大きくてジューシーな印象は、そのままワインにも通じるものがあります。
とても立派で計算されつくした建物を歩いて見学させて頂きました。緑あふれる中庭には巨大なアンフォラ(醸造用の甕)が。

午後はまず中央葡萄酒(グレイス・ワイナリー)さんへ。国際的な賞も多く受賞されている、日本を代表する造り手です。甲州は勝沼醸造さんと真逆のエレガント系です。

一番左のキュヴェ・三澤2012はカベルネ・フラン100%の数少ないヴィンテージ・・という話をしていたらサプライズで供してくださいました

続いてこれまた駆け足で、次は白百合醸造(ロリアン)さんへ。あまり畑を見ていないので、もっと畑を見たい!というリクエストで畑を歩き回り、たくさんのお話を伺いました。

葡萄の房の上に個々にカバーをかけて、雨を避けます。手作業なのでとてつもない手間がかかっています。

ワイン用の葡萄よりシャイン・マスカットをつくって売った方がよっぽど儲かるので、ワイン用の葡萄樹が抜かれてシャイン・マスカットにどんどん植え替えられているのが深刻な問題になっているそうです。もっと勝沼のワインを飲もう!と考えさせられるお話でした。

続いてサントリー登美の丘ワイナリーさんへ。

圧巻の樽熟成庫。湿度も完璧です

この樽にいれた状態で、あるいは瓶に詰めた状態で熟成させて、飲み頃にしてから販売する。情熱だけでなく場所やお金も必要ですから、誰でも出来ることではありません。サントリーさんの凄みを感じました。

保管されている1976年のワイン
山の上まで上がって畑も見学させて頂きました。樹のかなり上の方にレインカットが施されています。

(↑少し分かりにくいですが)樹の真ん中あたりに葡萄の実がなっているのですが、レインカットはこの実のあたりに施されている方が自分としては良く見るなと思っていました。これは仕立て方(葡萄樹をどのように育てるか) によって、どこに雨避けを施すかが変わってくるそうです。

最後に・・翌日訪問させて頂いた日本酒の七賢さんです。

駆け足の1泊2日でしたが、大変充実した体験をさせて頂きました。オーガナイズしてくださった日本ソムリエ協会の皆さま、山梨の鈴木支部長、本当にありがとうございました!

7,8月営業のお知らせ

すっかりギリギリのお知らせになってしまって申し訳ありません・・・!7月と8月の営業のお知らせです。

7月のお休みは2(日曜), 9(日曜), 17(祝月曜), 22(土曜), 23(日曜), 30(日曜)を予定しております。

また、大変恐縮ですが8/6(日曜)~9/3(日曜)は夏季休業させて頂く予定です。

私事で恐縮ですが、3年に1回開催される全日本ソムリエコンクールの予選を何とか通過できました・・8月末の本選に向けて、準備させて頂こうと思っております。 長期のお休みを頂き恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

https://www.sommelier.jp/topics/view/10thsommelierconcours_20220524

最近のメニューのご紹介です・・

この時期の定番、ガスパチョが始まりました!

また、6月は土曜日を多くお休み頂いてありがとうございました。

去年のマレーシアでのソムリエ・ブートキャンプで隣の席だったスロヴァキア代表選手のスラヴォミラさんが来日したので、自分自身の研鑽を兼ねて京都・伏見の酒蔵や宇治茶の工房を一緒に訪問させて頂きました。

京都の松井酒造さんにて。醸造スタッフのジョージさんが英語で解説してくださいます♪
宇治では抹茶造りも体験させて頂きました♪

自分自身が日本についてもっと知らなければいけないな・・と気付かされるとともに、スラヴォミラが実に積極的に日本の文化や風習を学ぼうとする姿に大きな刺激を受けた、大変楽しい旅でした。

うずらのファルシ

強力な新メニューがやってきました!ファルシという、うずらにフォアグラや鶏肉などの詰め物をしたフランス料理です。

完成の図です!

このお料理で大事なのは「アロゼ」という調理法で、温まった煮汁を詰め物全体に何度もかけて、肉に水分を入れながら焼き上げます 。

少し長いですが、お写真に収めましたのでご紹介を・・

まずうずらに焼きをつけたら・・
アロゼのスタートです!
こんな風にフライパンを傾けながら・・
煮汁をかけながら焼き上げます
何度も何度も、ひたすら繰り返します
この調理法により、お肉の身はしっとりと、皮はパリッと仕上がります
この日はラストのパイ生地を使って、付け合わせにキノコのパイ包み焼きをご用意しました♪そしてフライドポテト!
ソースなど・・仕上げて出来上がりです!

数に限りがあるものですから、大変恐縮なのですが、ご予約をおすすめしております♪ぜひご賞味くださいませ(^^)

アスペル・ジュ・ソバージュ入荷しました!

去年までは、コロナの影響で営業が不安定なため断念していたフランス産アスペル・ジュ・ソバージュ。いよいよご用意が叶いました(^^)

もちろんフレッシュでの到着です♪

約2週間程度と旬がとっても短いのですが、その分この季節がやってきたなあ~!と嬉しい一品です。

試食でシェフが作ってくれました♪

(↑お写真は賄いですのでご参考までに・・)

◎メニューは

・アスペル・ジュ・ソバージュのソテー

・アスペル・ジュ・ソバージュのリゾット(生米から作るためお時間がかかります・・)

にてご用意させて頂く予定です。どうぞお楽しみに!

蝦夷鹿肉のハンバーグ始めました♪

すっかり春も終わり、季節の変わり目。梅雨はなるべく来ないで欲しい・・そんな爽やか白ワイン&ビールが美味しい季節が今年もやってまいりました。

そんな中シェフが作ってくれた賄いご飯がこちら・・

北海道から届きました新鮮な蝦夷鹿肉のハンバーグ!目玉焼きを添えて、濃厚なキノコのクリームソースで仕上げています。肉々しい食感にほんのりカルダモンが香り、キノコとソース、目玉焼きが絡み合ってまろやかジューシーな美味しさがたまりません。

あまりの美味しさに、ぜひメニュー化して欲しい!とお願いして、今日からオンリストしております(^^) お写真は賄いなので、付け合わせや仕上げ方は変わるかもしれませんが、ぜひ季節の変わり目のバテ気味なお身体にパワーを注入して頂けたらと思います♪

また、最近の風景を少々・・・

さくら海老のキッシュとアプリコットのタルトが焼きあがりました♪

また、自家製 キャラメル アイスクリームの仕込みの風景を・・・

玉子をよく溶いて・・・
キャラメルを仕込んでいます♪ギリギリの ほろ苦さレベルまでキャラメリゼする、大人スタイルです。
すっかり高価になってしまったバニラビーンズ。こだわって使い続けています!
丁寧に火を通して卵の臭みを消します。熱を冷ましたらアイスクリームマシンにかけて、出来上がりです♪

また皆さまにお目にかかれますのを心より楽しみにしております!

5月の営業のお知らせ

あっという間に4月も終わりに近づき、いよいよGWですね!

ヨシミチは今年もGW中、元気に営業しております。もしよろしければ、ぜひおいでくださいませ(^^)

5月の営業のお知らせです。

5月のお休みの予定:5/7(日), 14(日), 21(日), 23(火), 24(水), 28(日)

季節の変わり目でいよいよパイ包み焼きもほぼ終盤戦となり、初夏の食材へと移り変わっていくところです♪新メニューご期待ください!

**

恒例の、最近の風景です・・

贅沢なオマール海老のソテーです♪( ご予約限定の一皿です)
豪快にローストビーフ!ホワイトアスパラガスを添えました
フランス産鳩のローストです。このメニューは近々お休みに入るところだものですから、お早めにお声がけください♪
これは少し前のお写真ですが、コルベール(青首鴨)のロースト・・美味しそうです!冬のメニューですので、次の冬がきましたらぜひ♪
リクエスト頂いたフルーツの盛り合わせの仕込み中です♪

また皆さまにお目にかかれますのを心より楽しみにしております。

4月の営業のお知らせ

早いものであっという間に桜の散る季節がやってきました・・

4月のお休みですが、4/2(日), 9(日), 16(日), 23(日), 29(土), 30(日) の予定 です。 貸切営業の予定は4/12(水)です。

最近の風景のご紹介です。

店内でもシェフが鎌倉で買ってきてくれた桜が満開でした(^^)
気温も上がりつつあり、折り込みパイ生地もそろそろ終了でしょうか・・
筍や菜の花など、春いっぱいの食材が入荷しました!貝類はリクエストのご予約に♪

毎年桜の花が散り、青々とした葉が伸びてくるのを見ると嬉しくなります。

と言いますのは、ワインの原料である葡萄はこの順番が逆で展葉→開花の順番なので、花が咲くのは葉が出た後です。

それに気づいたのは5、6年前くらいでしょうか、日本ソムリエ協会のシニアソムリエ(現ソムリエエクセレンス)を受験するためにせっせと勉強していた頃、当時、春に桜の樹を見ると「何かおかしいな・・」と感じていました。その後、数年かけてその違和感の理由「桜の樹と葡萄の樹は展葉と開花の順番が逆なんだ」と気付きました。それは思わず道端で「あっ!!」と声を出すくらいの驚きでした。

日本にはワインスクールがたくさんあって、もちろん教えていただけることは素晴らしいことですが、私はそんな風に自分で考えて気付くことが大変重要ですし楽しいことだと思っています。

もうすぐ新年度が始まります。独学組の皆さんも、もちろん通学していらっしゃる皆さんも、今年のJSA認定試験に向けて頑張ってください!

3月の営業のお知らせ

すっっかりお知らせを更新するのを失念しておりました・・申し訳ありません!3月のお休みのお知らせです。

お休みの予定: 3/12(日), 19(日), 26(日), 27(月) ※3/21(祝日)は営業の予定です※

3月もどうぞよろしくお願いいたします。

最近の風景です・・

ご予約のリクエスト、自家製ロースハムです!もちろん無添加、身体に優しい美味しさです。
久ぶりに復活したフォワグラソテーです。リクエストでフランス産黒トリュフをたっぷりと♪
自家製ベーコンも仕込みました。こちらも、もちろん無添加です!
こちらもリクエストを頂いて復活!オックステールの赤ワイン煮込みです。濃厚なゼラチン質がたまりません♪
こちらも濃厚!牛頬肉の赤ワイン煮込みです。大人気の定番メニューです♪

また皆さまにお目にかかれますのを楽しみにしております。